MENU

手術以外のワキガ対策

手術以外でもワキガのニオイを抑える対策法はあるのです。
最も重要なのは、常に脇の下を清潔な状態にしておくことです。
ワキガのニオイの大きな原因であるアポクリン腺からの汗は、それ自体は無臭なのです。
しかし、アポクリン腺からの汗が、皮脂などと混ざり合うことで皮膚の常在菌が繁殖してワキガのニオイが起こります。
不潔な状態にしていると、このニオイが強まる原因となるのです。
そのため、常に清潔な状態にしておくということが最も重要です。
お風呂は湯船にしっかりと入ることで汗を流せば、毛穴に詰まった汚れが流れ出ます。
女性の場合は、わき毛の処理をこまめに脱毛しましょう。
汗が拭きとりやすくなるだけでなく、わき毛が多い状態にしておくことで原因菌が繁殖しやすい環境となりニオイが強まってしまうのです。
市販の汗拭き用シートなどでこまめに汗を拭くというのもおすすめです。
清潔な状態で、ワキガ専用のデオドラント剤を使用しましょう。

 

カロリーの高い食事や肉類、ジャンクフードなどはアポクリン腺を刺激してしまい、ワキガのニオイと発汗量を促してしまいますので、日頃から和食中心の食生活にするように心がけましょう。

 

ストレスもワキガのニオイを強める原因となります。
ストレスがたまると新陳代謝が悪くなってしまい、老廃物を含んだ汗をかくようになります。そのため、細菌が繁殖してしまいニオイを強めてしまうのです。

 

以上の点に気を付ければ、ある程度はワキガのニオイを抑える効果があるでしょう。

 

 

ワキガ対策は、汗をかいたら乾く前にトイレなどでふき取るようにしています。汗をそのままにしておくと洋服に染み込み臭いのもととなります。
汗が乾燥すると肌にもよくないと雑誌で見たことがあります。ワキ毛の処理は適度に行うようにしワキ自体を清潔に保つようにしています。通販で購入したワキ用の消臭クリーム(バラの匂い)を塗るといつもより汗が抑えられ、臭いも軽減されるので毎年重宝しています。ワキ汗対策は、ワキ汗パットをしたり汗をかく前に消臭スプレーや汗拭きシートを使ってワキの温度を低くしていますが、すぐに汗をかいてしまうので真夏のときは熱冷めシートをワキにはって外出することもあります。その為にはシートが見えない服装にしますし、冷めてしまったらトイレでシートを捨てます。なるべくワキの温度を上げずに過ごすこと、汗をかいたらすぐふき取ることを徹底して対策をしています。
最近はユニクロでワキ汗の染みが気にならないようにワキパッドがついたキャミソールの販売をしているので汗をよくかく人におすすめです。

 

 

http://www.geeksgamesandgadgets.net/

 

http://www.gfhsws.org/

 

http://www.idigitip.com/

 

http://www.outdooroad.com/

 

http://www.nova-magdrl.org/

 

http://www.islandtanandswimwear.com/

 

 

 

 

このページの先頭へ